古書について|古書の買取は専門業者で!優良業者を見つけよう!

古書について

メガネと古書

まず、その本が古本なのか、古書なのかというところから、みてみましょう。古本とは、一般的に一般書店でも入手でき、新刊書より安い値、段で手に入ります。対して、古書とは絶版などで、すでに一般書店では手に入らないものをいい、希少価値がつき、多くは、定価より高い価格で取引されています。数千円から、高いもので何十万の値がついているものも、珍しくありません。しみや、日焼けなども、歴史を表すものとして、マイナスとはならないという見方も古書ならではです。さあ、売ろうというときに、その本が古本なのか、古書なのか知っておくことで、その本の価値を適正な価格で売ることができるため、まずはその判別が大切と言えるでしょう。

古本や古書を扱うお店には、大きく2つに分かれ、大量に古本を扱う大手チェーンのようなお店は新古書店、そして、古書を専門に扱うお店は古書店とよばれます。信頼のおけそうな店舗をいくつかピックアップし、査定比較するのがよいでしょうが、一般的にはより専門的な観点から査定してくれる後者の方が、適正価格に近いといえるでしょう。 また、最近では、ネットオークションで売るというのも、一つの方法です。仲介が無いという点や、本当に必要な人に対してアプローチできるという点で、店舗での査定より高額となることも少なくありません。 新刊書より価格が決まっていないものだけに、いろいろな手段を試すと、適正価格が把握できてくることになりますし、より納得のいく価格で手放せることになるでしょう。